内容に合わせる|チラシ印刷で効果的に宣伝する|いろいろな注文ができる
インク

チラシ印刷で効果的に宣伝する|いろいろな注文ができる

内容に合わせる

男の人

チラシ印刷をするときには、どの用紙を選ぶかということが大切です。印刷会社で扱われる用紙で人気のあるものは、コート紙とマット紙、上質紙の3種類です。それぞれの特徴を把握して使い分けましょう。まず、コート紙の特徴はツルツルとして光沢があるということです。インクの発色がいいので鮮やかなチラシ印刷をしたいならコート紙が最適です。例えば新商品の宣伝を行なうときには、写真を使って商品を魅力的に見せる必要があります。コート紙を使うと写真の見栄えがよくなるので高い宣伝効果が期待できます。一方マット紙では紙の表面に光を反射しない加工がされているので、コート紙ほどつるつるしていません。さらさらとした肌触りで落ち着いた印象になるので、高級感を出すことができます。発色もコート紙ほどよくないので、写真を多く使ったものよりもイラストや文字を使ったチラシ印刷に適しています。元気な印象を与えたいものにはコート紙を使用し、大人向けの商品を扱うときにはマット紙を使うというように、載せるものに合わせて選ぶことが大切です。コート紙やマット紙というものは、どちらも紙の表面に加工がされたものなので値段がやや高くなりますが、上質紙を使用すると安い値段でチラシ印刷をすることができます。加工がされていないため質感はコピー用紙のようにざらざらとしていて、発色もそれほどよくありません。文字を多く使うものや、書き込む欄があるようなチラシ印刷に適しています。多く刷っても料金が高くならない気軽さが魅力です。